ホルモンバランス整える

女性

女性らしさを維持する働き

女性ホルモンの分泌量は、20代から30代ぐらいがピークになっており、結婚や妊娠、出産などに適しています。女性ホルモンのエストロゲンは、お肌を美しく保ったり、女性らしい丸みのあるボディーラインを作る働きをしています。女性ホルモンは40代を過ぎると、少しずつ減少してきて、発汗やほてり、のぼせ、不眠やいらいらなどが見られるようになります。女性ホルモンを増やす方法を知っておきたい人が増えています。普段の生活では、朝型の規則正しい生活を心掛けるようにしたり、栄養価の高い食材を摂取する必要があります。大豆イソフラボンが豊富に含まれている大豆食品や、ざくろ、キャベツなどを適量を食べるようにしたり、プエラリアなどの女性ホルモンと似た働きのあるサプリメントなどで補うと分泌量を増やす働きがあります。更年期などの体の不調を感じている人は、専門クリニックを受診して内服薬や漢方薬を処方してもらうと良いでしょう。医薬品は副作用が心配な人が多いですが、低用量ピルを服用してもらうと生理不順が改善して、体の調子が良くなる人が多いです。辛い症状で悩んでいる人は、医薬品や漢方薬をしばらく続けることで、分泌量を増やす効果が期待できます。女性は男性に比べると、女性ホルモンの影響を受けやすく、分泌量が低下してくると、肌荒れをしやすくなったり、以前と比べて太りやすいと感じている人が多いです。普段の生活では、優しい香りが癒し効果のあるアロマなども、自律神経を整える働きがあるので、分泌量を増やすために役立てると良いでしょう。